ビート感の違い…

スティービー・ワンダーのメロディー・センスは最高!唯一無比!と尊敬してますが、ちがう話題で…

この「スペイン」って曲はチック・コリアの名曲です。
私も大好きです。
1972年のリターン・ツー・フォーエバーで発表した曲で、当時から人気があり、ジャズの曲としてはかなりヒットして、今でも人気があり、多くのカバーがあります。

で、このスティービー・ワンダーのカバーを見つけました。
ちょっと珍しいな…と、ロック系の曲をジャズ・ミュージシャンがカバーするのはよくありますが、逆は少ないですね。

で、演奏も、やっぱジャズとは違う…
その違いは何だろう?
と悩んでますが、とにかくジャズのビート感とロックのビート感は違う

で、私流の解釈…
ロックのビートはエモーショナルで、
ジャズのビートは生理的、身体的ではないか?

どちらも好きですが、ジャズのビート感は、体の内部の人間の持つリズム感というかビート感、原初は心臓の拍動…を呼び起こされる気がします。

ロックは発生からして、反体制、抵抗、反逆と言ったエモーショナルなメッセージ性を伴った動機から生まれた音楽であり、ビート感、グルーブ感も、感情に訴えてくる要素が大きいと思います。

スティービーはロックとは言えないけど、まあジャズと比較してロックに近い…と考えて、
演奏の違いは、そのように聞こえませんか?ね?

だから何?
って突っ込まないで下さいな…




2011/3/30

スポンサーサイト

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

音楽の力って…

Mr. Bigの再結成の話は1月に記しました。
とっても嬉しくてウキウキしてましたが…

たまたま予定外の入金があり、
そうだ!最近、本もCDも購入していない…(暇がない)

と、中古CD&ブック・オフへ一目散!!
そしたら何と!Mr. Big「Live at Budokan」が!
私を待っていたかのように!あるではないか!もちろん買いました!
これはもってなかったんですね…嬉しい!
なんと!偶然と言うのは…

で、ウォークマンに入れて…
地震の悲惨さにショックを受け、その他にも…こんな忙しいのってあり!?こんなの記憶にねえな…と、疲労が疲れていたのに…
切なかった神経がほっとしました。

音楽の力って、改めて凄いよなー!と感動…
以前、JOSS STONEが「音楽はいつ聴いても同じ音が聞こえてくるから好きだ」と、当たり前のような事を言っていたけど…
彼女が言っていた意味は、なるほどこれか!と気づきましたね。

私は、過去は振り返らない主義ですが、
ノスタルジアではなく、オレはこういう音が好きでずっと生きてきたんだよな…
カッコ良く「ハードロック40年」なんて言ってるけど、それは自分の生きた事実であって…神経がまいってる時に、音楽の力って、バカに出来ないと実感した次第。

地震の被災者にも、あちこちの番組で「応援メッセージ」と共にリクエストが聞かれます。
知り合いの被災者との思い出の曲をリクエスト…なんてのもよく聞き、年寄りになったヘビメタじじいはちょっとホロリとしたり

これは、その、そのMr. Big「Live at Budokan」LIVEから(1月の記事にもペッタンコしましたが)


2011/03/24

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

心よりお見舞い申し上げます!

このたびの地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
また、亡くなられる方の数が一人でも少なくなるようお祈りしております。

私自身、地震は新潟地震を体験し、中越地震も直後から数回、現地に入った経験がありますが、それらを遥かに超える惨事に、ショックを受け、言葉もないです。
これから、自分に何か出来ることが無いのか、考えていきたいです。

被災者の皆様、日本の国民の皆さんのみならず世界中の多くの方が援助をして下さいます。
どうか、心をしっかりお持ち下さい。

2011/3/13

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

遅すぎた…かな…カンサス

カンサス…って、名前は知っていたし、70年代にも聞いた記憶があるが…
記憶に薄かったのは、自分の耳が今一つ肥えていなかったから…?
と、思わせる音楽性の高さがあった…
と、今頃気づいた。
のも、ネットのお陰。

なんとなくネットを徘徊していて、見つけて改めて聞いて驚いた次第です。
イギリスが本場(?)のプログレの中で、アメリカで結成、
ポップ色もあり、ハードロックの雰囲気も兼ね備え…
アメリカはもとより逆にヨーロッパでも高い評価を受けていたとか…

日本での人気は今一つだったようで…
やっぱ70年代の日本では、その音楽性の高さを理解できる土壌が育っていなかったのかな?

ツイン・ボーカル、ツイン・ギター、ツイン・キーボードにバイオリンが加わると言う…スゴイ!編成…(あ、時代によっては若干違うらしい?)
あ、現在、再結成したディーフ゜・パープルのギタリストとして参加しているスティーブ・モーズも一時期在籍していたそうです。

これは聞き比べ、旧いのと新しいのと、
数少ないヒット曲の「Carry On Wayward Son」です。





2011/3/9

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

ガンズのチャイニーズ・デモクラシーは良いです!

Guns N' RosesのChinese Democracyですが、なんせ14年の制作年月…14億円の制作費…
どうしたら、こんなに時間と金がかかるのか…

まー、アクセル・ローズは良いにつけ悪いにつけ、なんでも話題になるし、型破りのそういうことをやる奴ですからねー。
でも、私は大好きです。

アルバムは2008年にリリース、賛否両論色々と…
バンドメンバーが大幅に入れ替わり、サウンドも変わりましたが、アクセル・ローズのメンタル面の高さ、方向性は一貫した流れが続いているのは感じますね。

アレンジも凝ってるという評価も聞きますが、アレンジと言うよりサウンド作りというべきではないかと感じます。
先進性を感じさせるギターの音には、どの曲はビビッときました。

残念ながらライブの動画は良いのがなくて…


このアルバムは飽きずに、結構、よく聞いてます。

2011/3/7

テーマ : 男性アーティスト
ジャンル : 音楽

プロフィール

ヘビメタ小僧

Author:ヘビメタ小僧
ご訪問ありがとうございます。

音楽と読書で生きてます…って言うか…酒と煙草で生きてますって言うか…
酒と煙草と本と音楽は…一日も欠かさない、酔っ払いじじいでございます。

もう棺桶が段々近くなってきてるので…無理せずに…
と、頭のどこかで分かってますが…

へたくそなアコースティックギターとエレキベースを夜な夜なひっぱりだし…、老い先短いですが、臨終までにライブを1回くらいしたいと…。

ハードロックからヘビメタ、ジャズ、J-POP、その他雑食性で、深いのか浅いのか…よく分かりませんが…ランダムな音楽と、最近は映画の事も…記していきます。

★★ペッタンコしてる動画は基本的にライブのみにこだわってます!

最新記事
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる