世界中の誰よりきっと…歌詞が…

「世界中の誰よりきっと」この曲、バンド活動をしていた95年頃かな?…バンドでもやってました。
この曲、無条件に好きです。



歌っている中山美穂、一緒にやってるWANDSというバンド、両方とも、当時知らなくて…今もか…
実は歌ってる様子も、今、初めてYouTubeで見ました。
中山美穂って…アイドル、女優、歌手…ふーん、そうなんですね。
あ、旦那は小説家の辻仁成か…

WANDSって…なんだかよく分からんけど…ヒット曲は出したけど…パッとしないで消えていったみたい…

作詞はWANDSの上杉昇、中山美穂。
作曲は織田哲郎…「おどるポンポコリン」を作ったかと思えば、ZARDの「負けないで」「揺れる想い」、あ、そして織田哲郎なくして相川七瀬は居ない!…訳で…90年代のJ-POPシーンには欠かせない存在ですね。

同様に、石川ひとみの「まちぶせ」1976年という古い曲ですが…これも、好きです。
作詞作曲はやっぱり日本のJ-POPシーンには欠かせない存在の荒井由実(今は松任谷由実)。


ま、中山美穂は可愛いとか、石川ひとみもいつまでも可愛い…とか、それはそれで良いけど…

こういう、歌詞が良い曲って、最近どんどん減ってますね。
カタカナ言葉ばかり連発の歌詞、中学生の国語の時間に作ったような歌詞…
もっとしっかり作ってよ!と思うけどなー…


あ、大好きなMISIAの「LUV PARADE」も大好きです。
ステキな歌詞(MISIA)です。特に2コーラス目の歌詞は!



ヘヒメタじじい…のイメージ?とは、違う内容でしたが…
2011/8/29
スポンサーサイト

テーマ : 音楽を楽しもう!
ジャンル : 音楽

ささやかに旅行を…

ささやかながら夏に旅行に行きますが…今回はお隣の長野県へ。
小布施町にある葛飾北斎美術館、ガラス工芸の体験制作、黒部ダム、鬼押し出しなどを見てきました。

北斎は、最近読んでる浮世絵などの専門家でもある高橋克彦の小説で馴染んでいたので、改めて、その素晴らしさに驚きました。
北斎は版画の「冨嶽三十六景」シリーズが有名ですが、むしろ肉筆画や祭りに使われる屋台の天井画などが素晴らしく、中国や西洋画の技法も取り入れた作品は、日本画のイメージを改めるほどです。
機会があれば是非ご覧下さい。
葛飾北斎美術館のウェブ・サイトはここをクリック

そして…旅行の内容は妻が決めるので…言われたとおり…ガラス工芸の体験制作。
私はそう興味が興味がないのですが、息子・娘が楽しんでくれるかと…

これは、家族の作品…大きいガラス玉は、用意された中からデザインと色を自分で選び…専門家に手伝ってもらいながら…実質20分ほどで作れます
そこにビーズ玉と紐を選び…何回かやれば、結構、自分の好きなものが作れそう。(作ったものを冷やしたり…と最終的には2時間余り…)


指導して下さった女性の一人が、作家でもあり、幾つかおいてある彼女の作品や、その技法についての話は、とても面白かったですね。

で、翌日、天気が悪く、急遽、エミール・ガレの美術館へ。
エミール・ガレは19世紀後半のアール・ヌーヴォー期の代表的なヨーロッパで活躍したガラス工芸家。
こちらの美術館は、展示作品は少なく、商品販売や体験などがメインでしたが、その少ない展示品は、ガラスでこんなにスゴイものが…と驚きました。

この写真は、見えてきた時に「あれ?青いチューリップ?」と思ったのですが…ガラスで作ったチューリップです。


これは、長野、信州名物のそばを昼食で食べた所に販売していた野菜。
写真に写っているのは、みんなカボチャ。
多分、外国のもので、土壌や気候が合って栽培しているようです。
ちょっと面白かった…


他に面白かったのは…息子が買った「仮面サイダー」、自動販売機に100円で「ミステリーゾーン」って商品があって「何が出で来るんだろう?」と、家族で興味津々…

結局出てきたのはファンタでしたが…つまりはランダムに何が出てくるかはお楽しみ…ちょっとした遊び心ですね。

しかし、3日間の旅して…
あ、携帯プレーヤーはパソコンでしか充電できない…ネットカフェでも寄れればよかったけど…不便でしたね。
あ、ギターとベースの練習はお休み…すっかり練習が習慣化していたので…
600ページの小説を旅行中に読破しようと思ったけど…400ページで…残念…

旅行の一番の目的は素晴らしい景色などの観光も良いけど…「日常から解放されること」…けど、結局、音楽と読書からは離れられないようで…

2011/8/22

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

おー!WALKMANも…デフラグを…そういえば…

PCのデフラグツールをご存知の方も多いでしょうが…
リムーバブルディスクにも使えるのは知ってたけど、WALKMANにも出来るんですね。

考えてみりゃ、WALKMANもリムーバブルディスク、当たり前…
あのデフラグの進行状況を何となく見ているのは面白いですよね。
赤と青と緑の帯が刻々と変化していく。
ただそれだけなんだけど…

そういえば「SUMMER SONIC」に、わが不良娘…違った…
愛しの娘が行って…年頃で何も話はしないが…今帰って来て爆睡中…

母親が「疲労困憊の表情で帰ってきた」と…。
夏フェス・デビューであれこれ聞きすぎて、見過ぎで…きっと頭の中が…
娘さんよ、あんたの頭もデフラグかけたらいかが?

今年の中では「Red Hot Chili Peppers」が一番見たかったなー…


2011/8/15

テーマ : 音楽を楽しもう!
ジャンル : 音楽

こういうのって…?…年寄りって偏屈で…

あ、Superfly、越智志帆ちゃんの NEWアルバム?がCDレンタル店に並んだ…と思って…
とりあえずレンタルしてみたけど…一応シングルの名目で、しかし2枚組…?4曲+15曲…?

ドラマの主題歌の「Wildflower」ワールドカップサッカーの「タマシイレボリューション」など4曲と…「Honky Tonk Woman」「Desperado」「Heart of Gold」など往年のロックの名曲のカバー15曲と…。

このアルバムって、一体、何がコンセプト…?
他のCDに入ってる曲もあるし…何でシングルで2枚組?

私の感覚から言えば、CDってのは、こんな作品(まとまった楽曲集)を作りたい、で、曲作り、サウンド作り、スタジオにこもって録音、選曲、ジャケットとかのデザイン、撮影…
なんて一体となった作品…中には一年がかり、いえ数年がかりで製作する…というイメージがあります。

大好きなMISIAも、MIXのアルバムがあり、同じ曲でも違うサウンドだから、良いかとも思うけど…

何か最近の音楽業界は?…まだまだデビューして何年も経ってないのに「ベスト・アルバム」…ま、それまでの間のベストとも理解できるが…

で、ロックの名曲のカバーは、老人の私の世代にはたまらなく嬉しいが…あれ?…なんか違う…
あ、キーが違ってる!…1音上げてたり…
うーん、どうしても、この曲が歌いたいけど…キーが合わないから…と言うのだろうけど…気持ちはとてもよく分かります。
けどキーが曲の印象が変わるし、特に楽器のソロなんか全然違ってしまう。

キー…つまりハ長調かロ長調か…イ短調かト短調か…
クラシックでは、キーには、かなり重い意味が…いや、他の音楽の世界でも…
ロック・フォークの世界では気軽に変えてるが…

で、このCDのカバー曲は、色んな所での録音を集めた、いかにも寄せ集め…
演奏は良いけどネ…

元ブランキー・ジェット・シティーの中村達也の「THE LEMON BATS」とのは最高だったけどね!
カバーもここまでアレンジ変えてオリジナリティーを持っていれば、キーが変わってても気にならないけど…


志帆ちゃんは大好きだから、色々聞けるのは嬉しいけど…こんなCDを多く見かけると…音楽業界の皆様の考えが…と…

ま、偏屈な年寄りのたわごとでございます。
2011/8/11

テーマ : お気に入りアーティスト
ジャンル : 音楽

あれ!ダイスケさん…

どこかにも書いたけど、毎月4~6冊の本を読み、CDも…で、金がなくて…
もっぱら中古・レンタル専門…で、月に数回、複数の店に行きます。

で、先日、文庫本の100円コーナーをウロウロしてたら、にたような場所をウロウロする奴が…
うーん、ちょっと邪魔だなー…と、相手も同じに思っていただろう…と…
と、5分位して、ある瞬間に顔を向き合わせたら…

あれ!ダイスケさんじゃない!
【マキシム・ザ・ホルモンのダイスケはん】ではありません

あっ、とお互い小さく声を出して…
「ひさしぶり」

彼と最初に会ってから35年?くらい…
イロイロやっていた時(深くは言えないが)に、その中で音楽とか本の話が合う貴重な存在でした。
みんなで飲んでいると、いつしか、二人でコソコソと、ロック・SF談義を…
彼はザ・バンドとかベルベット・アンダーグラウンドとか好きで…
で、サンリオからP・K・ディックの新刊が…とか…J・G・バラードの…
一緒にキング・クリムゾンのライブに行ったことも…

でも、年と共に…最近は、数年に一回偶然会うくらい…

ギリシャ彫刻を彷彿とさせる彫の深い、日本人離れした顔立ちです。
話し方がボソボソとして、独特の雰囲気と感性を持ち、常に冷静で…
んで、私より、若い…と、いうか、あまり年齢を意識させない雰囲気で…
すっかり白髪になった私に比べ…

本の中古屋で合ったというのが、いかにも…で…
特に気が合う…と言う訳ではないけど、数年に一回の偶然を何時までも楽しみにしている友人です。

彼の好きなザ・バンドの、私も好きな曲の「The Weight」のもちろん、ライブです。



連中も年をとっていますねー、いや、こちらも…

2011/8/7

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

プロフィール

ヘビメタ小僧

Author:ヘビメタ小僧
ご訪問ありがとうございます。

音楽と読書で生きてます…って言うか…酒と煙草で生きてますって言うか…
酒と煙草と本と音楽は…一日も欠かさない、酔っ払いじじいでございます。

もう棺桶が段々近くなってきてるので…無理せずに…
と、頭のどこかで分かってますが…

へたくそなアコースティックギターとエレキベースを夜な夜なひっぱりだし…、老い先短いですが、臨終までにライブを1回くらいしたいと…。

ハードロックからヘビメタ、ジャズ、J-POP、その他雑食性で、深いのか浅いのか…よく分かりませんが…ランダムな音楽と、最近は映画の事も…記していきます。

★★ペッタンコしてる動画は基本的にライブのみにこだわってます!

最新記事
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる