スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分でも意外なショットが…

8月の9日から、ささやかな恒例の家族で旅行に行きました。
もう、10年以上も続いているので、行程も段々といい加減に…
で、今年は宿泊地だけを決めて、後は適当にその場で…

この写真は、『平成の大合併』で(私の住んでいる)新潟市になったお隣の旧豊栄市の福島潟の風景です。
ここは、環境省の「日本の重要湿地500」、「21世紀に残したい日本の自然百選」、「にいがたの景勝百選」などに選ばれており、いつか機会があったら見てみたいと思ってましたが…
思った以上の光景でした。

すぐ側の「ビュー福島潟」という観光・交流施設から撮影しました。
撮影してから気づきましたが…こんな『日本の原風景』みたいなショットが撮れるとは…



私は特別、そういう事に特に興味は無かったのですが…
この写真を見たら、やっぱり心がうごめくのは…日本人であるってことでしょうか…

そう言えば、フォーク歌手の加藤登紀子が、その保存活動に関わっているような事も聞きました。

とにかく、自分でも意外なショットでつい…
2012/8/19
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

もともと民俗音楽にも興味があって…

あちこち徘徊をしていて…
「The Corrs」…ふーん、ケルト音楽ですね。



このバンド、三姉妹と兄ちゃんが中心で、ルックス的にもなかなか結構でございますね。

お姉ちゃんのバイオリン、末娘のヨーロッパの古い音楽で良く使われるティン・ホイッスルという笛、真ん中の姉ちゃんが叩くバウロンという太鼓も、現代の楽器とよくマッチしているサウンドを作っています。
幾つかの単純なフレーズの繰り返しは、もともと踊りと一体となっていた音楽である為だと思われます。

あ、R&Bとかも同様で、大好きなティナ・ターナーのステージなんかも、ダンスと一体ですね。
日本の民謡も、盆踊りがあるように、きっと、どの民族にも、おなじ音楽があるのだと思います。

こちらは、結構好きな陰陽座のライブです。
リーダーのベースの出身地の愛媛県の民謡(?)の「がいながてや」をモチーフにした曲。



こういうのも好きですね。
この曲は見事にヘビー・メタルになっていますね。

こういう年代に関係なく、ルーツ・ミュージックを取り組む心構えには拍手をしたいと思います。

ワタシら(50代中頃)は若い頃は、ロックとかフォークとか以外は興味なかったけど…
やっぱ、間違いなくそういう血は流れてるんだろうし、民謡とかの民族音楽に惹かれることは否定できないですね。

ちなみに、ワタシは「ソーラン節」…北海道の民謡で、ワタシの住む新潟の民謡でないけど…アコースティック・ギターでデタラメなアレンジで10分くらいなら弾けますよ~

あ、長く書きすぎたかな~
2012/8/18

テーマ : 音楽を楽しもう!
ジャンル : 音楽

合掌です

ちょっと古いけど4/19にレヴォン・ヘルムが死去しました。
若い皆さんは、あまり知らないでしょうが…60~70年代に活躍した「The Band」のドラム&ボーカルです。

この「The Band」は、特別ファンでではないですが、数曲、好きな曲があり、今でも時々聞きたくなります。

このレボン・ヘルム、声も良いし歌も巧い、懐が広く、とても気持ちの良いボーカルです。

これは有名な、「The Band」のラスト・コンサートの中での「The Weight」



このコンサート、文字通り、「The Band」の解散コンサート(1976年)ですが、ゲストがスゴイ顔ぶれ…
ボブ・ディラン、ニール・ヤング、リンゴ・スター、ジョニ・ミッチェル、エリック・クラプトン、ドクター・ジョン、ロニー・ホーキンス、ロン・ウッド…
ライブの様子は「The Last Waltz」として3枚組みのアルバムになりましたが、かなり聴きましたね。

あ、あ、レボン・ヘルムの話題だった…
これは、何時のかは分からないが…かなり老けたレボン・ヘルムです。



さすがに…往年の声の太さはなくなってるけど…なんか羨ましいですね。

ロック・ミュージャンって、結構、辛い死に方をしてるのが多いけど…
ジャニス・ジョップリン、ジミ・ヘンドリックス、キース・ムーン、マーク・ボラン、スティーブ・レイ・ボーン、シド・ヴィシャス、ジム・モリソン、そして、ジョン・レノン…まだまだ…

そういう中で、このレボン・ヘルムの老けた姿、若いミュージシャンと一緒に演奏する姿は、心に潤いをもたらしてくれます。

…先日、仲の良い女性と話していて…『棺桶に入る前にもう一回ライブしたいな』と言ったら『無理無理』と言われ、密かに傷つき…泣いているヘビメじじいでございます。
2012/8/16

テーマ : 音楽的ひとりごと
ジャンル : 音楽

やっぱ、可愛かった・・・

仲良くしてもらってる可愛い女性と…あ、決して、いかがわしい仲ではないですが…彼女と話をしていて、彼女が、
「プリプリの再結成したのを見たけど…ただのオバサンになっていて…」
と、ガッカリしてました。

ウンウン、分かるよねー
と、あの人は…この人は…とか、天地真理(この字で良かった)なんて、絶対、出てこなくて良いのに…とかね。

全然、興味はなかったけど、一応、バンドやってた時に、ボーカルの女の希望で「19 Growing Up」「DIAMONDS」は演りました。

思いのほか、ベースのフレージングが良くて、感心しました。

これは、そのプリンセスプリンセスの解散ライブです。



やっぱ、可愛かったんですね。
ま、オバサンになったプリプリは、見ないことにしようかな…

20/12/8/3

テーマ : 音楽を楽しもう!
ジャンル : 音楽

表情がちょっと怖い…けど…

リコーダーという楽器、学校で習った人も多いはずです。
私は、中学校時代、ブラスバンド部で…もう40年も前、そういう名称でしたね。
今は、吹奏楽部って呼ぶほうが多いでしょうが…

で、一回、ちょっと変わった事を…と、10人近くでリコーダー3種類でやりました。
私は、バス、つまり低音の担当で、多分60㎝近くあるリコーダーでした。

で、担当の先生が居ない時に…
練習曲ではない、「聖者の行進」を遊びで…
もう一人居た男子生徒と、ジャズ風というかデキシー風というか、ま、遊んだわけです。

真面目な部員でなかったので、女子生徒からもちょっと冷めた目で見られてましたが…
曲が終わったら、そんな女子生徒が拍手をしてくれて!
気持ちよかったなあ!

あ、この動画、カッコイイですね。



曲は、ブレッカー・ブラザーズの「Some Skunk Funk」。
つい、簡単な楽器だから、と、低く見られるけど、こんな演奏も出来るのですねー

ちょっと、無表情というか、怖い視線が…ですがね。

2012/8/2

テーマ : 音楽を楽しもう!
ジャンル : 音楽

プロフィール

ヘビメタ小僧

Author:ヘビメタ小僧
ご訪問ありがとうございます。

音楽と読書で生きてます…って言うか…酒と煙草で生きてますって言うか…
酒と煙草と本と音楽は…一日も欠かさない、酔っ払いじじいでございます。

もう棺桶が段々近くなってきてるので…無理せずに…
と、頭のどこかで分かってますが…

へたくそなアコースティックギターとエレキベースを夜な夜なひっぱりだし…、老い先短いですが、臨終までにライブを1回くらいしたいと…。

ハードロックからヘビメタ、ジャズ、J-POP、その他雑食性で、深いのか浅いのか…よく分かりませんが…ランダムな音楽と、最近は映画の事も…記していきます。

★★ペッタンコしてる動画は基本的にライブのみにこだわってます!

最新記事
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。