AC/DC

オーストラリアのハードロックバンドです…
70年代中頃から、メンバーの交替などもあったが、ギター2人のアンガス・マルコム兄弟が、中心。

欧米での人気はかなりですが…
うーん、どうも日本での人気は、今一つ。
はい、私も、まあまあ好きだけど…のめり込めないんだなあ…
ルーツにブルースがあるし(モロブルースも結構演ってる)、ボーカルも個性的な声で巧いし…

これは、ヒット曲の「Back In Black」のライブ


ライブを見ると、どの曲でも、客席も盛り上がり大合唱!
比較的ミディアム・テンポの曲が多く、気張らずに聞いていられるし、客も一緒に歌いやすい。
あ、歌詞も良いんだろうなー

ただ派手なギタープレーとかベースとかドラムスも、格別テクニックが目立つわけではない…
キーボードやストリングスを使わず、ひたすら、無骨なサウンドを貫き続けていて、結構、ミュージシャンとかにはファンがいるらしい。

このセット!この盛り上がり!はナカナカですねー


「Queen」とか「Bon Jovi」とかのルックス・ビジュアルをも意識する路線でもないし…
「Eric Clapton」などのように、ロック好き以外の聞き手まで巻き込むほどでもない…

リード・ギターのアンガス・ヤングのあくの強さが【きわもの】っぽくて、敬遠されがち…?

これは映画の「Iron Man 2」のサウンドトラックの一曲。
AC/DCの10曲以上が映画で使われてます。


まあ、もっと人気があっても良いと思いますがね…

2013/8/30
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

WORLD WAR Z

まだ上映中なので、ネタばらしにならないように…

うん、映像的には凄い映画でございます。
CGなど特撮を駆使しているのは承知しているが…
その上で、どうやって、この映像を作るのか…想像を上回る…

が…見終わった後は…
主演のブラッド・ピット様、かっこ良い!
って印象ですねー。



途中で…あ!ゾンビかよ(-_-;)
ストーリーと【敵】に、もう一ひねり欲しいですね。
5段階評価で3かなー

2013/8/29

テーマ : 個人的な映画の感想
ジャンル : 映画

Let It Be

ビートルズは、特に好きではないけど…まあ好きですよ…?
Let It BeとかGet Backとか、よくギターで遊びますし…

なんとなくネットを見てたら…
こんな「Let It Be」が…



おわわー!
スゴイな、と調べたら、
「Across The Universe」という、ビートルズの曲を全編に使った映画の中のシーンでした。

映画は、ビートルズファンにはたまらないでしょうね。
この映画、知らなかったのですが…ネットでFULLmovieが見つかったので見てみよう…

2013//8/23

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

With Or Without You

前に、SuperflyとSalyuの、この曲のライブを紹介したけど…
歌詞付きがあって…ラブソングらしいとは知ってましたが…
こんなに熱烈な…



With Or Without You…とは、【あなたがいてもいなくても】って意味らしい…

いや、待てよ…
違うな……これは、【詩】ですね。
歌詞全体が比喩てすね。
つまり、解釈の仕方は、それぞれに自由ですね。

このオリジナルのU2の演奏を聴くと、間違いないですね~



宗教的な意味にもとれるし、社会的・歴史的な史実がモチーフになってるかも知れないし…

というか、逆に、自由に解釈して…ってことですね。
また、時間・場面、聴く人によって、色々な意味を持たせることが出来る。
とても、深く、重く、素晴らしい曲ですね。

ついでと言っては失礼だけど…
聞き比べ…



アイリッシュ?かな、ヨーロッパの民族音楽風の演奏ですね。



こちらは、韓国のチョン・ソンハ(若い方)のカバー。
2006年に10歳でデビュー…
クラシックとかスパニッシュなんかにも通じているようでなかなかな…

2013/8/23

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Total Recall

90年のアーノルド・シュワルツェネッガー主演を見てから2012年版を見ました。
いやー特撮がスンゲえーー!
お勧めです。

しかし、予告編も良いけど、見事に【見せ場シーン】を隠す編集は、さすがですね…


あり?音楽関係の話題が中心のはずが…

いえ、原作のフィリップ・K・ディックという作家が大好きで…
追っかけていたら、彼の小説が結構、映画化されていて…

2012年版は、半分ケイト・ベッキンセイル譲を追っかけて(パール・ハーバーとかUnderworld)…
いや~最高に可愛い!

いや、「Total Recall」2012年版は、フィリップ・K・ディックの小説のグチャグチャさ((^_^;))もあって良いです

2013/8/16

テーマ : 個人的な映画の感想
ジャンル : 映画

プロフィール

ヘビメタ小僧

Author:ヘビメタ小僧
ご訪問ありがとうございます。

音楽と読書で生きてます…って言うか…酒と煙草で生きてますって言うか…
酒と煙草と本と音楽は…一日も欠かさない、酔っ払いじじいでございます。

もう棺桶が段々近くなってきてるので…無理せずに…
と、頭のどこかで分かってますが…

へたくそなアコースティックギターとエレキベースを夜な夜なひっぱりだし…、老い先短いですが、臨終までにライブを1回くらいしたいと…。

ハードロックからヘビメタ、ジャズ、J-POP、その他雑食性で、深いのか浅いのか…よく分かりませんが…ランダムな音楽と、最近は映画の事も…記していきます。

★★ペッタンコしてる動画は基本的にライブのみにこだわってます!

最新記事
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる