スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び『Tubular Bells』…

ついこの前に『Tubular Bells』について書きましたが……
あれこれと見ていたら色々なライブがありました。

??アレンジも演奏している顔ぶれもそれぞれ違う……
使用している楽器も、あれあれ?

つまり…マイク・オールドフィールドは、この『Tubular Bells』というアルバム一曲をライフワークとして演奏し続けている様子。
その時、その場所によって、アレンジを大胆に変える。
イギリスではバグパイプとかボーラン、ティンホイッスル等の民族楽器などを取り入れたアレンジ。
当然、演奏するメンバーも変わる……なるほど……



また、ギターやキーボードなど同じ楽器を何人も並べているし、自らも複数のギターを使っているけど……
その意図は?……と悩んでいたけど……
ひょっとしたら、レコードや音楽CDの完璧な再現を目指している?かな?

今、提供されている楽曲は、かなりの加工が加えられている。
レコーディングでは、普段使用している楽器以外が複数使われるのは当たり前だし、様々なエフェクトを使う。

そしてボーカルも楽器も、同じパートを複数重ねるのも当たり前。
つまり、我々が聞いているのは、ボーカルが歌った録音に、音量を抑えて同じ録音を重ねる、楽器も同様に音を重ねる……
そんな加工をされたものを聞いている。

そんなサウンドをライブでも再現……を意図して、同じ楽器をずらりと並べて…
ちがうかな?

2015/11/29
スポンサーサイト

日本人ジャズ・ミュージシャンもなかなか!

60年代から活躍したジャズ・ミュージシャンで世界に通用するのは渡辺貞夫、北村英治、日野皓正など居ますが……
この小曽根真などは世界に通用する次の世代とも言えるのでしょうか…

彼は以前、ジャズのラジオ番組をやっていて、よく聞いていました。
なかなかひょうきんで(関西人らしい)、生演奏も加え、楽しい番組でしたが……もうやってないのかな?

我が家はテレビが無いし、ライブにも殆ど行かない私は初めて、演奏する姿を拝見…(^^ゞ



こりゃ!なかなかやりますね~!
いやいやカッコ良い!

それに、このギターのマイク・スターンも、特に好きではなかったけど……この演奏はピカ一でございます。
ベースのトム・ケネディも……こんなに細かく音を切れるってスゴイ…

2015/11/15
プロフィール

ヘビメタ小僧

Author:ヘビメタ小僧
ご訪問ありがとうございます。

音楽と読書で生きてます…って言うか…酒と煙草で生きてますって言うか…
酒と煙草と本と音楽は…一日も欠かさない、酔っ払いじじいでございます。

もう棺桶が段々近くなってきてるので…無理せずに…
と、頭のどこかで分かってますが…

へたくそなアコースティックギターとエレキベースを夜な夜なひっぱりだし…、老い先短いですが、臨終までにライブを1回くらいしたいと…。

ハードロックからヘビメタ、ジャズ、J-POP、その他雑食性で、深いのか浅いのか…よく分かりませんが…ランダムな音楽と、最近は映画の事も…記していきます。

★★ペッタンコしてる動画は基本的にライブのみにこだわってます!

最新記事
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。