Street Music3……?

初めて聞きましたが(時代に遅れてる)…
『FlashMob』と言うのが最近はやってる?ようで……


いやいや楽しくて良いですね!


これは、誰から誰まで、どこまでが演出?


これは上野駅……えーと……東京は数回しか行ってないけど…見覚えがある…
どこだっけ?
ビバルディ…春にやったんですね!


サマーソニックでやったのが良いですね!
今更ながらマイケル・ジャクソンの素晴らしさを……
特にファンではないですが……この『BEAT IT』の『FlashMob』は日本各地、世界各地でたくさん行われたようで……
幾つも見ていたら感動と楽しさで泣き笑いしてしまいました…(^^♪

2016/7/27
スポンサーサイト

Street Music2…?

Street Musicを見てたら……こんな動画が…


『Caliph Busker』と言う名前?のグループ?
聴衆の女性が一緒に口ずさんでるのが見て居いて嬉しくなります。

スーツ姿のシブい男性は【秘密警察】?【公安】?



なんとも言い難い……ファミリーでしょうか?
或いは親戚を集めた?

幾つも動画がありますが、楽器はなかなかナウいものを使ってますね。
打楽器は最近はやりの『カホーン』、親父さん(?)はヤマハ(?)のサイレントギターも…

ベースとカホーンの2人のボーカルはなかなかです…

このグループ、動画で検索すると、テレビに出たりCDを出したりしたようですが……
それはやりすぎ…と思います。
ま『音楽業界人』の口車に乗せられた?……のか?どうか?判りませんが…


選曲も良いし…(単に私の好み(^^♪)
いやいや!かなり親近感を感じました!
このままStreetで頑張って下さい!

2016/7/27

Street Music

音楽…と、いうものは不思議なもので…
『空気の揺れ』『空気の振動』なのですが……(ちなみに宇宙空間で楽器を弾いても聞こえませんから…)

レコード、CD、DVD、ラジオ、テレビ、コンサート・ライブ、ネット配信、カーデッキ、或いは携帯再生装置(ウォークマンとか)、など様々な音楽を楽しむ媒体がありますが…
Street Musicと言う街角で偶然に出会う音楽も楽しいです。

私は路上で何かやっていると、大抵立ち止まってしまいますが、ネットで探すと以外にも膨大な数があり、見いってしまったものを幾つか……


こりゃ!凄いですね!
スパニッシュ系のギターは、こういう腕前がたくさんいますね~
ギターのヘッドに刺してある線香のようなものは?虫よけ?
それとも…


最近、よく見かけますが『ヒューマン・ビートボックス』など幾つかの呼ばれ方をしてますが、口とマイクを道具に…こんな多様な音を……。
人間は古くから『最高の楽器』と言われてますが、マイクを使った新しい表現スタイルですね。


このてのパフォーマンスも多いですね。

私は一回だけ東京ディズ二―ランドに行った事がありますが…
4人の清掃係が突然始めたパーカッション・パフォーマンスが一番記憶に残っています。


この楽器は?
長い筒の笛はオーストラリアのアボリジニを始め、似たものが世界にたくさんありますが…
この楽器は、なかなか豊かな音色で魅力的です。


これは典型的なStreet Music、大道芸です。
かなり『選んだ!楽器!』と思われます。
リズムの奥深さを感じさせます。


黒人のコーラスは独特の素晴らしさがあります。
これは生の録音ではないのでは?…と疑うほど音が良いですね~


これはぶったまげました……
この方は……メイクしてるのでは?…と思いましたが…手は……
指の開き方とか動きとか見ると…元演奏家?

蛇足ですが、我が奥方様はバイオリンを弾きますが、ここ数年は指の関節が悪くなって思うように弾けません。
この動画の年齢…少なくとも60才代後半以上…まで、思うように楽器を弾けるのは羨ましいですね。

更に蛇足ですが、10年程前に、ある中年女性と話をして…
その方は和楽器をやっていましたが、交通事故にあって楽器が弾けなくなった、と……
『何の為に努力してきたのか…今までの時間が無駄になった』と悲しそうな顔で…
私が『でも、今まで楽器に触れて楽しんできた時間があるではないですか、その時間も、あなたの大切な財産ではないですか』
と言ったら……その女性は泣き出しながら『そうよね』と……

2016/7/27

記憶がアル中ハイマー……

1990年代の中ばに6年間(?)くらいバンド活動をやりました。
ベースの私と、ドラム、ギターとキーボードをやる3人中年でスタート…
ボーカルを探し……

最初は30代、次に20代の女性ボーカルで……
途中リードギターを入れたり、キーボードの女性が入ったり…
今更ですが…やった曲を思い出してみました…



これは30代の彼女の好み…

個人的に楽しんだのは『東京ブギウギ』を……

ま、これが近いかな~
もっともっとロック風のアレンジですが…ボーカルがなかなかついてこれなかった…(^^♪

交替した次の20代のボーカルはロックも大好きで…
オリジナルは知らない『ブルドック』、B'sの…、大黒マキの…、ディープ・パープルの『Hiway Star』、川島だりあの…、とか……
『愛しさとせつなさと心強さと』


あとCreedence Clearwater Revival…の『Suzie Q』

この曲は、ギターがソロを延々と…それを演奏する方も聞いて楽しんでましたね~

イーグルスの曲もやったみたいな…ジョニーBグッドとか定番の曲もやってましたが……
いや~しかし、自分がやっていた曲を半分も思い出せない……
オリジナルも数曲ありましたが、それさえも……

2016/7/27

ウッドストック・フェスティバル……

60歳になり、人並みに、いや人並み以上に身体は壊れ、頭も衰え……
この先、短いな……と思うと、聴いてなかった音楽をもっと聞きたい、読んでない本をもっと読んでおきたい……と……

で、最近は、私の音楽のルーツの一つの1960年代末~70年代初頭の音楽も聞いたり見たりしていると…

あの1969/8/15のウッドストック・フェスティバル、正式には『Woodstock Music and Art Festival』…
ロック史上、いや音楽史上に残るイベントを思い出しました。

アメリカのニューヨーク郊外に約40万人の観客が集まり4日間に渡り……
アーロ・ガスリー、ジョーン・バエズ、サンタナ、カントリー・ジョー・マクドナルド、マウンテン、グレイトフル・デッド、ザ・フー、テン・イヤーズ・アフター、ザ・バンド、ジャニス・ジョプリン、ジョー・コッカー、ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ、スライ&ザ・ファミリー・ストーン、ジェファーソン・エアプレイン、ポール・バターフィールド・ブルース・バンド等々…
最後はジミ・ヘンドリックス……
60年代、70年代の洋楽に親しんだ人達には、驚きの顔ぶれが集まったイベントです。

40万人が集まったと言いますが、正式入場者は約半分、主催者の予想を超える人数が集まり、事実上は無料イベントみたいだったとか……

翌70年に映画化され、私はお金が無い貧乏少年で、翌年か翌々年の再上映を見ました。
新潟の『ライフ』と言う、いわゆる二番館(?)で、300人程度の客席は満員で、私は立ち見でしたね(^^ゞ

で、動画を探したら!!ウジャウジャありました…

これは、映画で今もしっかり見た記憶があるテン・イヤーズ・アフター


とにかく4日間のイベントが全て映画に収まる訳がなく、ネットで数日間、動画を見ました(^^♪

はい、サンタナです。


ジョーン・バエズは特に好きではなかったけど、声の美しさと説得力には改めて敬服しました


クロスビー・スティルス・ナッシュのコーラスは美しい…


スライ&ファミリー・ストーンの評判は良かったけど当時は?でしたが……これなら!


やっぱ!ジャニスは凄かった!


動画を見ると『みんな若かった』と言う印象より…
今でも感動させる各ミュージシャンの素晴らしさに驚きます。

知らなかったのですが……
幾つかのバンドのウッドストック・フェスティバルのライブ・アルバムは出されてますが…
全曲を集めた(らしい?)、20数枚?30枚?セットが2014年に発売されたようですね…

多感な世代、社会的にも世界的にも多くの問題を抱えていた時代、そんな時代のウッドストック・フェスティバル……
懐かしい…と思うより…

2016/7/7
プロフィール

ヘビメタ小僧

Author:ヘビメタ小僧
ご訪問ありがとうございます。

音楽と読書で生きてます…って言うか…酒と煙草で生きてますって言うか…
酒と煙草と本と音楽は…一日も欠かさない、酔っ払いじじいでございます。

もう棺桶が段々近くなってきてるので…無理せずに…
と、頭のどこかで分かってますが…

へたくそなアコースティックギターとエレキベースを夜な夜なひっぱりだし…、老い先短いですが、臨終までにライブを1回くらいしたいと…。

ハードロックからヘビメタ、ジャズ、J-POP、その他雑食性で、深いのか浅いのか…よく分かりませんが…ランダムな音楽と、最近は映画の事も…記していきます。

★★ペッタンコしてる動画は基本的にライブのみにこだわってます!

最新記事
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる