スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レア・アース…?

何となく動画が気になって見てみたら…
Rare Earth…あ~この曲は知っている……



ん~! この動画はなんじゃ!こういうの!大好きですね!
現代アート…って言えばイメージ的に判りやすい…ですね
『ハズレ』の映画を見るよりずっと!!楽しいですね~

でも、この大規模な撮影は…この曲の為ではないでしょうね~?
ご存じの方がいたら教えて下さいませ(^_^メ)


…で、Rare Earth、この曲を演奏しているバンドは?
…で、ライブを…



…ずーっと活動しているバンドなんだ…
ふ~ん、もうすっかり死語になった『白人が黒人のように』…なんて、表現がリアルだった時代から…
ポール・バターフィールドとかアベレージ・ホワイト・バンドとか……と一緒ですね~

みんなオッサンですが…
キーボードにしては派手な動き……
この手のバンドにしては少数派のピック弾きベース…
中頃でジミ・ヘンドリックス顔負けの『歯』で弾くギターとか…
いやいや、二つの動画、しっかり楽しみました!

2017/5/3

まだまだボケてはいない?…(^^♪

今でもそうですが……ラテン音楽やカントリー、特にブルーグラス等も好きですが…
最近……と、言っても最近20年ほどほとんど聴いてませんでしたが…
20歳前後に聴いた『ニュー・グラス・リバイバル』というカントリーのグループを、もう一回聴いてみたいと……
ありましたね!さすが【You Tube】!!

The New Grass Revival

いや~!40年近く聴いてませんでしたが……
記憶通り!なかなか良いですね~
各国・各民族のルーツ・ミュージック的な位置で…
60年代から70年代に日本で『津軽三味線』が若者にも人気が出てきたのと同様に、アメリカでも人気があったのでは…と推測しています。

…で、なんと、レオン・ラッセルとのジョイント・ライブが!
Leon Russell & The New Grass Revival

ソング・ライターとして評価の高いレオン・ラッセルですが……
ロック・ミュージックの中でもアメリカの南部の雰囲気プンプンの世界の重鎮というか…
このクセの強い歌声は…なんとも不思議な魅力があります(^^♪
この動画はライブですが結構、編集・加工してありますが……楽しみました(^_^メ)

2017年4月に聴いた音楽

アラン・パーソンズとアラン・パーソンズ・プロジェクト
 『I Robot』1977
 『Pyramid』1978
 『On Air』1996
 『THE TIME MACHINE』1999
う~ム……アラン・パーソンズは名前は知ってたけど……
ビートルズ、ウイングス、ピンク・フロイドなどなどの裏方からミュージシャン活動を始めた人だけど……聴いてなかった…と……
けど『Pyramid』の曲は、みんな記憶にある…(^_^メ)
あれ~~…なんで知ってる? やっぱりボケたか?

『Carole King In Concert 1993』ライブ
 キャロル・キングは数々の名曲を作ってますが…
 アルバム『Tapestry』は大好きですね~
 1993年の51歳の時のライブを見ましたが……こんな躍動感のあるライブとは…意外でした…
 ギタリストのスラッシュがゲストで登場したのはビックリ!
 (スマートな体型のスラッシュですね)

『Delaney & Bonnie and Friends-On Tour With Eric Clapton 1970』
 エリック・クラプトンがクリームの解散からソロ活動の間にセッション活動をしてい時期のデラ二―&ボニーのバンドとのライブ
 これは……同じ音源のアルバムが何種類もあって……
 結局6枚分も聴いてしまったが…(^_^メ)

 いや~…デラ二―&ボニーも良いバンドですね~
 こんな大人数でアレンジも演奏も…古いから音質がちょっとは…残念ですが…

2017/4/26

2017年3月に聴いた音楽…

『VanHalen』『5150』Van Halen
 同僚にヴァン・ヘイレン大好き!(昔はギター弾き)が居て……はいよ、と…改めて聴いてみました(^_^メ)
 うん、かなり良いですよね…と、お返しにドリーム・シアターのライブCDを聴いてもらったら…
 「う~ん、なんかスゲえ事やっているね、分析してみると」…と、悩んで…(^_^メ)

『The Rock'n' Roll Devil』『CUT THECRAP!』AB/CD
 ありり?AC/DCでなくてAB/CD?
 あー!本家公認のコピー?トリビュート?バンドなんですね
 こういうのって、日本ではあまり認識されてない分野ですね…
 楽しいですが、残念ながら繰り返して何回も聴こうとは思わなかったです…

『Down To Earth』1979 Rainbow
 リッチー・ブラックモアですが…素晴らしいギタリストですが…
 演奏している姿は陰険な…いや、知的な…雰囲気で…
 実際はどんな人柄なんだ?と余計な事を考えてしまう…
 そういえば、バンドで『Since You Been Gone 』を演ってたっけ …明るくてポップだけど…個人的にはやりたくなかった…

『Survival』1971『Shinin』Grand Funk Railroad
 伝説の雷雨の中での後楽園ライブ…とかで、激しさ・過激さ?で有名ですが…
 ふと、このバンドの『ルーツ』は何だ?って考えてしまった…
 ベースのメル・サッチャーのフレージングは好きですね!

『A Love Supreme』1964 John Coltrane
 たまたま「コルトレーン」の本を見つけて読んで…改めて聴いてみました、いや~何と申しましょうか…
 凄いね、繰り返し繰り返し聴いてしまいした(^_^メ)
 『至上の愛』って邦題で、彼の音楽が宗教的にのめり込んでいく時代の傑作です
 マッコイ・タイナー、ジミー・ギャリソン、エルビン・ジョーンズの無敵のメンバーですが…
 この音楽が当時絶賛を受けたと言う事にもちょっと驚きました(^_^メ)

『ライブ動画』Doobie Brothers Incident-09-11-2015-Lockn'Festival
 ドゥービー・ブラザーズ!ウムウム!楽しませてくれるね~

『ライブ動画』Live at Glastonbury Festival2010 StevieWonder
 スティ―ビー・ワンダー……この人の音楽には『ハッピー』と言う言葉が似合うね


?何て読むんだ?ジョー・ボナマッサ?

ディープ・パープルの「Lazy」のカバーか…
みんなオッサンばかりですが…お!おや!良いじゃん!タダ者じゃないな…
ブルース・ギタリストなんですね~


エリック・クラプトンとのバトルも中々グッドです!
この曲はザ・バンドの「ラスト・コンサート」でもクラプトンは演ってましたね~

『ライブ動画』Joe Bonamassa @Pinkpop2014 JoeBonamassa

 ボーカルはちょっと井上揚水に声質か似てますね(^^♪
 スローなブルースはちょっと苦手ですが(^_^メ)
 ライブ一本楽しみました(^^♪

2017/3/25

……ボケてる?(^_^メ)…2017年2月に入って聴いた音楽

ジャズのみならず沢山のカバーがあるチック・コリアのスペイン…初期のReturn To Foreverの演奏はどうだったか?と……
探したけど!ない!(^_^メ)
あり?ありり?

確かめてみたら
『Return To Forever』1972ではなく……
『Light as a Feather』1973の曲でした(^_^メ)
私は『必死に』ジャズ喫茶通いをしていた時代でしたね。
馴染みになったママさんが『こういうのばっかりリクエストが…』と嘆いていた記憶が鮮明にあります。

いわゆるコルトレーンとかチャーリー・パーカーとかマイルスとか……
その~…ウェス・モンゴメリーとかクリフォード・ブラウンとかアート・ブレイキーとか……
つまりスタン・ゲッツとかね、そういうのが王道であって、リターン・ツー・フォーエバーなんかはイージー・リスニング的な軽い音楽は…という想い、理解できます。
私にとっては、10代のジャズに入り込み親しんだ時代のマイル・ストーン的な音楽ですね。

最近、感じるのはロック・ミュージックとジャズの違いの一つはドラムスのリズムのとり方?
もちろん違いは沢山あるけど、ロックはエモーショナルに訴えかけてくるけど、ジャズはフィジカルに訴えかけてくる……なんて抽象的な表現ですが…

『Past, Present & Futures』 2001
Return To Foreverの仕掛け人のチック・コリアの2001年のトリオでのアルバム。
ちょっと前に紹介したベーシストのアヴィシャイ・コーエン、ジェフ・バラードのドラムスと、オーソドックスなアコースティテックのトリオ。
上で書いたジャズ喫茶のママも「まあ、いいんじゃない」と言いそうな当たり前の一枚ですね。

新人を起用し、新境地を拓くのが得意なチック・コリアにしては当たり前過ぎる?
いや、アヴィシャイ・コーエンのベースも良いし、良いアルバムです。

『Bundles』1975 Soft Machine
うーん、これは1975年の辺りにほぼリアルタイムで聴いてたんですよね~
プログレとかジャズ・ロック的なちょっと毛色の違う音楽にも興味を持っていた私は好きでしたね。
しかし1975年で、この演奏!、今現在聴いてもりっぱに新しい……

『Ella Fitzgerald』と『Helen Merrill』
ジャズ・ボーカルはあまり聴きませんが…特に男性ボーカルは全然聴かないけど……
女性は時に……
エラ・フィッツジェラルドはアドリブのスキャットが凄くて有名ですが…『How High The Moon』とか聴いてみると……
これ、楽器で弾いたらカッコ良いソロになる!って思いましたね~
『You'd Be So Nice To Come Home To』って曲が好きで…改めて聴いてみたらヘレン・メリルのクリフォード・ブラウンのトランペットが入ってるのが一番!ですね!

『Status Quo : Rocking all over the years (Perfect Remedy Tour 1989) 』
で……メンバーが亡くなったと言う事で、ステイタス・クォーを……



嫌いではなく…まあ好きで…ブギー一筋ん十年!いや~凄いね!
でも、アルバム一枚通して聴くには…ちょっと勇気が…
軽快さ、単純なノリ……飽きるよなあ…と思ってライブを見ましたが……
1989年と古いですが、まだまだ皆さん若々しく!
あ、亡くなったのはサイドギターの方だそうです(^_^メ)
合掌…

さすが!一筋ん十年!最後まで見ました。
個人技を見せる場面もなく(^_^メ)
派手なパフォーマンスもなく(^_^メ)
ステージセットもシンプル(^_^メ)
ウケ狙いのカバー曲を演奏もなく(^_^メ)
いや!立派です!

しっかし~メンバー四人、どこかとバンドと違って…体型が!見事に!スリムです!
……蛇足ですが、私も40年間、同一体型です…
とうとう昨年、身長が数ミリ縮みましたが…(^_^メ)

2017/2/15

2017年1月に聴いた音楽(^^♪

読書の記録は2011年からしておりますが、今年から出会った音楽も記載しようと……
打ち込んでいて、さっそく2017/1は……

『Its Five O'clock Somewhere』…Slash
  昨年後半からまとめて聴いていたSlashのアルバムの一枚
  一貫したロックン・ロールのサウンド!

『The Razors Edge』1990…AC/DC
  AC/DCは好きですが【保有している】アルバムは『Back in Black』(1980年)だけだったので、1990年のこれを…
  比較的ゆったりしている、それでいて重いサウンドは…60歳を過ぎた私には(^_^メ)ピッタリ!
  ボーカルはブライアン・ジョンソンの方が好きですなあ(^_^メ)
  兄貴のマルコム・ヤングのリズム・ギターは意外と芸が細かい!

『The Number of The Beast』1982…Iron Maiden
  アイアン・メイデンは…まあ…ハード・ロックの重鎮(^_^メ)ヘビ・メタの先駆的バンドですが…
  アルバムは全体的に英国で売れて米国では売れない……うーむ…(^_^メ)

『Dark Horse』2008…Nickelback
  ニッケル・バックは仕事先の知り合いが教えてくれて…
  『Silver Side Up』2001年を聴いてましたが……
  ホントに重みのあるサウンドで良いけど……
  歌詞が判ると評価が変わる……と、思いますが…

『Dream Theater』2013…Dream Theater
『A Dramatic Turn of Events』2011…Dream Theater
『The Astonishing』2016…Dream Theater
  今までは前任のマイク・ポートノイに対する思い入れが強くて聴かないでいましたが…
  ……まあボチボチいいかと…マイク・マンジーニに交替したアルバムを続けて聴いてみましたが…
  明らかに音楽性は変わりましたね(^_^メ)
  う~ん、演奏より楽曲にこだわってる?

『Once in a LIVE time』1998…Dream Theater
『Score 20th Anniversary World Tour』2006…Dream Theater
  …ついでに、ライブ・アルバムを聴いて…
  …ドラムスはマイク・ポートノイです!やっぱ!こっちが良いなあ!!
  ライブ・アルバムは、曲順まで覚えているアルバムと違う曲が演奏されるので楽しいですね!
  でも……このバンド…普通はライブはスタジオ・アルバムより演奏の質が落ちるのに……
  ライブの方が…えっ!うわっ!ひょえー!…という演奏が…達者すぎる(^_^メ)

【The Winery Dogs-Unleashed in Japan】2014…The Winery Dogs
  マイク・ポートノイ(ds)、ビリー・シーン(b)、リッキー・コッツエン(g・vo)という驚異の組み合わせのバンドの2014年の東京でのライブを通して視聴…
  みんな巧いし、リッキー・コッツエンのボーカルは思ってたより凄く良いけど…
  未だに、この組み合わせ……は、よく判らんです(^_^メ)

【One Last Time Live In Concert Live in Wembley】2000…TinaTurner
  ティナ・ターナーは、ずっどずっと好きでしたが……
  イギリスでのライブ2時間!楽しそうな笑顔!のライブ!ぶっ通して楽しみました!
  この2000年の時点で、現在の私と同じ61歳!…(^_^メ)



  コーラス&ダンサーと一緒のステージはショー文化の厚き土壌の上に……イギリスが、なんぼのものじゃ!…ってパフォーマンス!
  いや~久しぶりに素晴らしく!楽しい!時間を過ごさせて頂きまとした(*^_^*)

2017/1/30
プロフィール

ヘビメタ小僧

Author:ヘビメタ小僧
ご訪問ありがとうございます。

音楽と読書で生きてます…って言うか…酒と煙草で生きてますって言うか…
酒と煙草と本と音楽は…一日も欠かさない、酔っ払いじじいでございます。

もう棺桶が段々近くなってきてるので…無理せずに…
と、頭のどこかで分かってますが…

へたくそなアコースティックギターとエレキベースを夜な夜なひっぱりだし…、老い先短いですが、臨終までにライブを1回くらいしたいと…。

ハードロックからヘビメタ、ジャズ、J-POP、その他雑食性で、深いのか浅いのか…よく分かりませんが…ランダムな音楽と、最近は映画の事も…記していきます。

★★ペッタンコしてる動画は基本的にライブのみにこだわってます!

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。