もう…いっかあ……

以前から悪かった腰が秋の初めに壊れ……医者に行ったら頸椎もヤバイと…
2週間ほど養生しましたが……
そのせいもあるのか……『前向き』の意欲が薄れて……

音楽も新しさとかを求める気持ちが無くなり…
とにかく『心地良い』のを聴いていれば…もう、いっかあ~…と
…と思って……自分が心地良いと感じるのは何?

最近に聴いた音楽……

【Michael Jackson】
職場で音楽の話が出来る同僚とマイケル・ジャクソンの話題になり…
『マイケルの「Thriller」の辺りから音楽界全体の音が変わったよね、デジタル化の影響かな?』なんて話題があり……
マイケル・ジャクソンをランダムに集めて聴きまくりましたが…
改めて聴いてみると、細かい部分までかなりのこだわりを感じましたね~

【Crosby,Stills,Nash & Young,1970『Deja vu』】
4人での初のアルバムで、当時に聴いたけど改めて……
通して聴くと、何とバラバラな曲が集まったアルバム(^_^メ)
まあ、当時の記憶も復活したりで楽しく聴きましたが……

【The Meters 1974『Rejuvenation』】
これは初めて聴くバンドで、最近ファンク系のサウンドが心地良くて……
脂ぎってないファンク系サウンドを探していて、気に入りましたね
1974年のアルバム……さすがに音がアナログって感じ…
よく聴くとアドリブかもしれないけどアレンジが細かい!
腕利きのスタジオ・ミュージシャン系の集まりみたいな…
その道に趣味の人達には隠れた人気バンドでは?

【Booker T.&The Mg's 1971『Melting Pot』】
上のメーターズからちょっとメジャーにブッカー・T&ザ・MG's
あの「ブルース・ブラザース」のあちこちに顔を出しているスティーブ・クロッパー、ドナルド・ダック・ダン、ブッカー・T・ジョーンズなどのインス・バンドですね。
ちょっとシティっぽいサウンドで、地味にも聞こえるのはボーカルが居ないから……

【Groovy Jazz Organ】
YouTubeから拾った細かい参加メンバーも良く判らないアルバム。
う~ん1970年代?
オルガンが入ったバンドのコンピレーション・アルバム
軽快なサウンドで「のんびりとジャズ喫茶でコーヒーを…」という気分が味わえます

【日本の曲の英語バージョン】
こんな曲があるよ……と、英会話教室に通う友人に教えたら『勉強になる!』と喜んでもらえて……
尾崎豊「アイ・ラブ・ユー」松田聖子「赤いスィートピー」松任谷由美「春よ来い」など……30曲ばかり…

【Eric Clapton Slowhand at 70】
え?70歳?ずげぇ!
ライブ動画を見まくりましたね(^_^メ)
最近レオン・ラッセルもグレッグ・レイクも死んだのに……
お元気ですね!


Eric Claptonさん『古いね!』ってよく言いますね~
何で日本語?


この公演、バックはお馴染みですが、ギターのマック・ノップラーが居ない(^_^メ)
コーラスは前よりパワフルですね~
この曲の後半のソロが良かったなあ~!

2016/12/24

こういうの……たまらないスね

好きなギタリストの一人『Orianthi』ちゃん(^_^メ)
…は何をしてるか?とネットを徘徊……

何と!『際物』…のアリス・クーパーとのライブを…これは2011年ですが…



いつもクールでポーカーフェイスで真面目なイメージですが……
メイクも……こんな面もあるんですね(^_^メ)

と、続けて徘徊していたら……
これまた大好きなギタリストの『NUNO BETTENCOURT』と一緒に……



同じアリス・クーパーの曲を……
クールでポーカーフェイスで真面目なイメージで余りセクシーさを出さない
『Orianthi』ちゃんが…こんな衣裳で……

続けて徘徊して……
『NUNO BETTENCOURT』がエアロスミスの『Steven Tyler』と一緒にヌーノの曲を……


『NUNO BETTENCOURT』はボーカルもイケますが、こんなに巧かったとは……
しかし『Steven Tyler』も…すっかり……

続けて徘徊して……
おー!『Janis Joplin』の曲を……


この女性達のバンドは知らないけど……コーラスが綺麗ですねー

好きなミュージシャン達が一緒に楽しそうに……
良いです!たまらないス!

2016/12/6

見た映画…ジャック・リーチャー 『NEVER GO BACK』

久しぶりに劇場に行きました。
たまたまタイミングが合って封切直後、特に見たかった訳ではないけど……面白そうなので…
小説のシリーズ物が原作のようです…



しかし!!宣伝予告に……
【アンダーワールド】の続編がまもなく…!
【バイオハザード】の完結編がまもなく…!
いずれもお馴染みのキャラが登場するし…


大好きな【アンダーワールド】は主役のケイト・ベッキンセイルが年齢的(44歳?)に続編はあるかな?ないかな?と思っていたから……
嬉しゅうございます…


【バイオハザード】シリーズは…5?6?作、みんな見てますが……
こちらも主役のミラ・ジョヴォヴィッチ嬢が40代になり…
体力のあるうちに完結?…なのでしょうか?

あ!ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』は、楽しめましたよ。
やっぱ「あちら」のアクション物は「歴史と伝統」が違いますからね~

見た映画より(^_^メ)予告が良かった(^_^メ)
体があちこち壊れてきて寿命を感じますが……とりあえず生きる楽しみが出来ました(^_^メ)

2016/11/22

English Ver……

日本の曲(J-POP?)の英語カバーを耳にしますが…

大好きなMr.BIGのエリック・マーティンが大好きなMISIAのEverythingをカバーしているので、その他もまとめて聴いてみましたら…



Tsunami、春よ来い、浪漫飛行、赤いスイートピー、ハナミズキ、I Loove You、桜坂、地上の星、Prideなどなど……



……アレンジも当然違っていて……なんかカッコ良く聞こえますね~

英語は不得意で余り判りませんが……
民族や各国文化の違いがあるから翻訳された歌詞は…その意味がどこまで伝わってるかは…
…と言いながら、自分も洋楽の歌詞もさっぱり判らず聴いてますから……
まあ音楽の感じ方は自由だから細かい事はよいですが……

2016/11/16

pick up the pieces……average white band

この『pick up the pieces』という曲、ラジオ番組のテーマ等にも使われて、聴いた事がある方も多いでしょうが……
アベレージ・ホワイト・バンドのヒット曲ですね~。



もう40年ほど前の曲ですが……
当時、アベレージ・ホワイト・バンドは……
『黒人のバンドのような演奏をする』或いは『白人の中で最も黒人らしい…』『白人とは思えないファンキーな…』と言われてました。

まだ『アパルトヘイト』『公民権運動』などの言葉がリアルだった時代ですから、褒め言葉でありながらデリケートな意味も含まれていましたね。

その『pick up the pieces』は、いつのまにかホーン楽器がメインのバンドや奏者のスタンダード曲になりりました。

最近人気のCandy Dulferの演奏


楽しいステージですね、残念ながら私は……彼女の演奏にいま一つ魅力を感じませんが…

…と、動画を見ていたら、同じような容姿端麗な女性サックス奏者が…(^_^メ)
Mindi Abairちゃん、良いですね~


彼女はロックの曲もよく演奏していて、フレーズとか聴いてると、ひょっとしてロック・ギターを意識している部分がある?かな?…と…

他の演奏を聴くと、バンドとしてメリハリのあるアレンジでジャズ・フュージョン・ファンク・ロック等うまくミックスしていて良いです。

けど彼女の演奏する『pick up the pieces』は見つからなかった…(^_^メ)

2016/11/2
プロフィール

ヘビメタ小僧

Author:ヘビメタ小僧
ご訪問ありがとうございます。

音楽と読書で生きてます…って言うか…酒と煙草で生きてますって言うか…
酒と煙草と本と音楽は…一日も欠かさない、酔っ払いじじいでございます。

もう棺桶が段々近くなってきてるので…無理せずに…
と、頭のどこかで分かってますが…

へたくそなアコースティックギターとエレキベースを夜な夜なひっぱりだし…、老い先短いですが、臨終までにライブを1回くらいしたいと…。

ハードロックからヘビメタ、ジャズ、J-POP、その他雑食性で、深いのか浅いのか…よく分かりませんが…ランダムな音楽と、最近は映画の事も…記していきます。

★★ペッタンコしてる動画は基本的にライブのみにこだわってます!

最新記事
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる